「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」-My Favorite Choice #5- / Creator’s View【Column】

こんにちは。

令和元年の初月となった今年の5月が早くも終盤を迎え、かなりのインパクトがあっただけに長期GWもなんだか逆にもう遠い昔の様に感じてしまいますね。しばらくは梅雨までの間の束の間の晴れ間を楽しみましょう!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


★さて今週のブログですが、久しぶりにDrifterのクリエイティブディレクターY・Ochiai氏による不定期コラムをお届けしたいと思います。第5弾となる今回は、80’sにおける“サイバーパンク”ムービーの金字塔として今もなおその影響力を保ち続ける傑作SF映画『ブレードランナー』について彼の並々ならぬ想いを独特の切り口で語って頂きます!!

▲注意点として、文章を組み立てる際には内容について一切検索等を行っておらず、全て本人の記憶のみで記述されています。その為一部事実と異なる場合がございますがコンセプトを尊重する為原文そのままを掲載致します。予めご了承下さい。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================

※私はアメリカの作家「フィリップ・K・ディック」が生み出したSF小説「Do Androids Dream of Electric Sheep ?」をリドリー・スコット監督/ハリソン・フォード主演で映像化した”ブレードランナー”という映画が自身の中で生涯No.1だと思っている。

★第三次世界大戦後の未来、労働力として火星に派遣されていた8体のレプリカント(人造人間)が叛乱を起こし地球に逃亡。サンフランシスコ警察に所属する賞金稼ぎ(バウンティ・ハンター)である主人公「リック・デッカード」がそれらを「処理」する、というストーリー。小説と映画では細かい設定やシークエンスが変更されているが、現代のSF作品でも相変わらず掲げられる永遠のテーマ”人間とは何か?””人間と人造人間(アンドロイド)との違いは?”、また”生命の定義”という根本のテーマは変わっていない。

★大戦によって生態系が壊滅的な被害を受けた為、生物は虫一匹ですら法によって厳重に保護されている。また科学技術が高度に発達している為、本物と見分けがつかない程の「機械仕掛けの生物」多数存在。特に人造人間に関しては感情と記憶を持っていて、自分自身が機械である事を認識出来ないレベルの個体が存在している。そんな世界で主人公デッカードは「処理」を進めて行く中、”人間よりも人間らしい”レプリカントと出会う事により次第に生身の人間と人造人間の境界線が曖昧になってゆく。小説のタイトル「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」とは、作品の根源的な思想を素朴な問いかけに集約した主人公のこの一言がそのまま掲げられた形である。


★聊か曖昧な記憶ではあるが、確か小学生時代に父親と一緒にまず映画「ブレードランナー」を鑑賞。幼心ながら不思議な魅力に取りつかれ、その後中学時代に深堀りをしてフィリップ・K・ディックの原作にたどり着き映画とはまた異なる深い世界観に没入した。また別の機会に触れるつもりだが、この作品以前に同じく父親からの影響により体験していた大友克弘氏の「AKIRA」や「童夢」他短編集等に深く感銘を受けていた(本作品の舞台は奇しくもAKIRAと同じ”2019年”!!!)。表現方法は異なるものの”生命の根源”というストーリーの根底に横たわるテーマ(だと私は勝手に思っている)に共通項を見出した故か、同じく私の心に深く刻まれた。


★さて、今回は小説版ではなく映画「ブレードランナー」の方へ焦点を当てていこうと思う。これまで数パターン(オリジナル・インターナショナル・ディレクターズカット・ファイナルカット等)が公開より時を経てリリース、今なお根強い人気っぷりが垣間見える。この作品の魅力を一言で表す事は到底不可能であり、これまでのブログで紹介してきたコンテンツ同様あらゆる要素が絡み合って生じた”現象”であると考えている。まず外す事の出来ない要因として「シド・ミード」の美術デザイン、ヴァンゲリスのサウンド、そして卓越した映像センスを発揮した監督「リドリー・スコット」、”ハン・ソロ”とはまた違った魅力に溢れた主人公デッカードを演じた「ハリソン・フォード」。酸性雨の降りしきる近未来のサンフランシスコ、そこに華やかさ等は一切無く、所謂”ディストピア”として描かれた世界。東西の文化が入り乱れ、多数の言語が飛び交う雑然とした光景は正に現代日本とどこかイメージが重なる。こうして挙げているとキリがないのだが、その中でも特に私の心を掴んで離さないのが「ルドガー・ハウアー」演じるレプリカントのリーダー”ロイ”。戦闘用レプリカントではあるが随所にインテリジェンスに溢れたセリフや表情を散りばめ、また人造人間の狂気と悲哀を込めた素晴らしい演技にはただただ敬意を表する他ない。

★その中でも特筆したいシークエンスと言えば、私が”数ある映画の中の場面でも最高峰に位置する”と考えるラストのデッカードを前にしたロイによる独白シーンだ。

「お前達人間には信じられないようなものを私は見てきた。オリオン座の近くで燃える宇宙戦艦、タンホイザー・ゲートの近くで暗闇に瞬くCビーム。そんな思い出も時間と共にやがて消える、雨の中の涙のように・・・。死ぬ時が来た。」

(原文:I’ve seen things you people wouldn’t believe. Attack ships on fire off the shoulder of Orion. I watched C-beams glitter in the dark near the Tannhauser Gate. All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die.)

※最初にブレードランナーを鑑賞してから数十年、その後数々の映画を鑑賞して来たがこのシーン以上の感動には未だ出会っていない。ロイを演じたルドガー・ハウアーの完全なるアドリブの様な記事を度々見かけるが、実際はそうではないらしい。本来の脚本が長過ぎたと判断した彼が脚本家の書いた台詞の持つイメージを要約し、ラストに「そんな思い出も時間と共にやがて消える。雨の中の涙のように・・・。死ぬ時が来た。」という感動的な言葉を付け加えて完成したと言われている。実は映画中盤、眼球職人チュウの工房で同じくロイが発する台詞「燃える様に天使は落ちた。轟く様な雷鳴が岸を転がり、怪獣の火と共に消えた~」と対になっていて、またこの一文はアメリカの詩人ウィリアム・ブレイクの詩のアレンジである。


★映画の外郭である美術・技術が素晴らしいのはもちろんの事だが、フィリップ・K・ディックの原作を下敷きにしている以上やはり核である根源的なテーマが揺らいではいけない。そしてブレードランナーがなぜ優れた映画として現在でも高い評価を得ているのか、という答えはこの深い世界観にあると考える。80年代当時、SF映画と言えばハリウッド全盛期ならではのブロックバスター的な冒険活劇やファンタジー映画が数限りなく生み出されていた。もちろん中には本作品同様今でも高く評価されている作品も存在するが、大多数は”時代”という流れの中で生まれた一過性のエンターテイメントに過ぎない。そんな浮足立っていた時代に生まれた”SF映画の特異点”と言っても過言では無いと思われるこの映画を生み出したリドリー・スコットは、ほぼ同時期に「エイリアン」という傑作も生んでいる。スピルバーグが描く”友好的な地球外生命体”という概念を根底から覆し、ひたすらに自らの生存だけを追い求める「純粋且つ完璧な生命体」であるゼノモーフは観る者に嫌悪感と同時に美しさすら与える結果となった。彼の描く世界は常に同じテーマを作品の奥深くに置いていると私は考えていて、「エイリアン」も本作品同様”絶対的な存在”たるゼノモーフを前にした状況下での”生命の在り方”についてという点。物語の核となるこういったテーマは以後のリドリー・スコット作品でも随所に散見しているのである。


★また忘れてはならない点として、この映画が影響を与えた以降の作品群だ。特に挙げるのならば「GHOST IN THE SHELL(攻殻機動隊)」が最も顕著な例ではないだろうか。鬼才”押井 守”が手掛けた94年のアニメ作品を初めて鑑賞した際、真っ先に思い浮かんだのはブレードランナーだった。膨大な拡張を続けるネットワークとテクノロジーの進歩と反比例する様に描かれた登場人物達のアナログ的思考と台詞。東洋的仏教思想をベースに概念的・観念的な”教訓”とも取れるその思慮深い台詞の数々に身震いした事を今でも記憶している。


★若干話が逸れたが、近年公開された続編「ブレードランナー2049」もまた非常に奥深い人物描写とオリジナルからの繋がりで大変興味深い作品となった。ここで語るには聊か長くなり過ぎるので割愛させて頂くが、新たにメガホンを取ったドゥニ・ヴィルヌーブ監督も「プリズナーズ」や「ボーダーライン」、「メッセージ」といった人間の深層心理を深くえぐった描写で話題の人物だけにリドリー・スコットも安心して采配を任せられたのではないだろうか。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★現実世界においても技術革新が著しく、我々の身近な所でもAI(人工知能)やネットワークの拡大等ひしひしと映画の世界に近づいている実感を覚える昨今。数年先にはレプリカントの様な存在が一般的になり、「ターミネーター」の様にAIがネットを支配する可能性も出て来ている。そんな時にこそ「人間という存在」の真価が問われるのではないだろうか?未だその謎が完全には明らかになっていない人類の起源やメカニズム、そして我々はどこに向かっているのか?その答えを導き出す事こそが人類の存在価値なのかも知れない。

Written by Y.Ochiai

「第15回東京蚤の市」”リュックサックバザール” /出店レポート & WAPPEN CUSTOM SPECIAL ITEMS(DRAWSTRING POUCH & More ) / 入荷のお知らせ

こんにちは。

超大型連休だったGW後、先週末のお休みは皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?我々は以前より告知をさせて頂いていた通り、5月11日(土)・12日(日)の2日間で開催された『第15回東京蚤の市』“リュックバザール”にDrifter STOREとして出店してまいりました!


※Drifter STOREとして関東・関西合わせ通算5回目の参加となった(株)手紙社主催の蚤の市。この蚤の市でしか体験出来ないイベントとして前回出店の“第13回東京蚤の市”から新たな取り組みとして行ったイベント“Wappen Custom Service”がまたしても好評に終わり、お陰様で今回の東京蚤の市にも大変多くのお客様にお越し頂く事が出来ました!

※そこで今週のブログでは早速後日レポートとして、当日の様子をお越し頂けなかったお客様やイベントの存在自体をご存知無かった方の為にも写真を中心にダイジェストでご紹介。是非次回開催の折にはより多くのお客様にお越し頂ければと思っています!


■熱気に溢れかえった第15回東京蚤の市■

★会場は東京・大井町にある“大井競馬場”という競馬場。品川駅からほど近い都心部での開催となりアクセスがかなりしやすい好立地でした。

※午前11時の開場にも関わらず、10時前の時点で既に大行列!オープン時間が前倒しになった初日の午前中から大変に多くのお客様で溢れ返り、一時入場規制がかかる等かなりの大混雑でした。

※ライブ会場のある中央広場に造設された“大きな木”の下で涼みたくなるほど、特に初日の土曜日は東京でも28℃を観測し汗ばむほどの夏日に。

※我々のブースがある会場一番奥の4号スタンド前の様子。実際はお昼あたりをピークに会場は溢れんばかりの人だかりとなり、飲食店の集まるこちらのエリアは大行列がいくつも出来る等本当に大盛況の様相でした!!


■リュックバザール@Drifter STORE■

★そしてDrifterのブースが出店していた“リュックバザール”コーナー。屋内という事もあり前述した暑さから避暑を求めるお客様も多くお見えになり、会場エントランスから“最果て”の地に店舗を構えているにも関わらず、大変多くのお客様にお越し頂きました!


※バラエティ豊富なDrifterアイテムは新作からアウトレットまで幅広い展開、やはり蚤の市限定の特別プライスに驚かれるお客様がたくさんいらっしゃいました。また今回は2019SSの新作を中心としたプロパーアイテムも大変好評でした。

※特に4月の発売以来、オンラインストアでも好評を頂いている“DRAWSTRING POUCH”は初日にタン、2日目に写真のレオパードが現地で完売となる程の人気ぶりでした!


■大好評のワッペンカスタムサービス!■

▲冒頭でもご紹介した『Wappen Custom Service』は今回の蚤の市でも一番の目玉企画。当日選りすぐりのヴィンテージワッペンを単体で購入、さらにその場でGETしたバッグ(持込みのバッグでも可能! ※別途取り付け費用税込540円)にカスタム装着出来る、蚤の市らしい手作り感&スペシャル感のある「オンリ-ワン」サービスです。

※取り付け位置や加工の可否をお客様と打ち合わせしてご注文頂いた後、現場に持ち込んだミシンでおおよそ〜30分の間で完成。まさに世界で一つしか無いあなただけの「オンリーワン」Drifterバッグの出来上がりです!

※またDrifterだけでなく、私達のオリジナルブランド「Downhill Homesupply(ダウンヒルホームサプライ)」のコットントートにもサンプルとして取り付けてみました!生成りの生地に朱色のビンテージワッペンが映えます。


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================


■ WAPPEN CUSTOM SPECIAL ITEMS■

※また今回お越し頂けなかった方の為にも、蚤の市の現場でスタッフのセレクトによりカスタムを施したアイテム達をDrifter ONLINE STOREで改めて販売させていただいております。この機会にご紹介させて頂きます。世界で二つと無い完全オリジナルアイテムですので、是非この機会にどうぞ!

①WAIST PACK(ウエストパック)

※昨年より続く人気っぷりは未だ衰えを知らず、蚤の市の会場でも次々に在庫が旅立っていった”WAIST PACK(ウエストパック)”。そんな旬なアイテムに更に付加価値をプラス、恐らく再び探し出す事が困難だと思われるビンテージワッペンを取り付けました。周囲とかぶる事はまず無いでしょう!


②Drawstring Pouch(ドローストリングポーチ)

価格:¥4,500+tax

※そしてそんなウエストパックを凌ぐ人気急上昇っぷりが著しい、可愛らしいフォルムが特徴の”Drawstring Pouch(ドローストリングポーチ)”。蚤の市のブースでもダントツの一番人気、ワッペンの取り付けを希望されるお客様も多々いらっしゃいました。

③CLASSIC HIP SACK M(クラシックヒップサック M)

※そしてラストは安定した需要をキープし続ける古参アイテム”CLASSIC HIP SACK M(クラシックヒップサック M)”。右側のDrifterロゴに対してボディの色と合わせたレッドのワッペンがスペシャル感を演出します!まさに王道のボディバッグ、注目度は抜群です。


=====================================

※さて、少しでもイベントの熱気が伝わりましたでしょうか?約一年ぶりの参加となった私達Drifter STOREですが、やはり直接お客様と接する事が出来るこういった機会の重要性を改めて実感致しました。今後も積極的にイベントやPOP UP等へは出店をしていきたいと考えていますので、今回お越し頂けなかった方とはどこか別の機会でお会い出来たら幸いです。

続・「第15回東京蚤の市」”リュックサックバザール” 出店のお知らせ & RESTOCK 2019 #4(DRAWSTRING POUCH & More ) / 再入荷のお知らせ

こんにちは!

2019年4月末で平成が終わり告げ、いよいよ新時代の幕開けとなりましたね。皆様“怜和初”の超大型連休はいかがお過ごしでしたか ? 旅行や帰省等の長期滞在、はたまた間にお仕事を挟まれた方、そして学生の方だとクラブ活動で忙しかったりと次はいつ来るか分からない“10連休”という時間をそれぞれが有意義に過ごせた事だと思います。しっかりとリフレッシュした後は気持ちを切り替えて「怜和元年」最高のスタートを切っていきましょう!

※さて、今回のブログではいよいよ開催が今週末にまで迫っている(株)手紙社主催の第15回東京蚤の市 -リュックバザール-』への出店のお知らせを、前回GW前の告知ブログより改めて簡潔にご紹介する共に後半では人気欠品アイテムの再入荷情報をお届けしていきます!


■ イベント情報・会場案内 ■

▲日程:2019年5月11日(土)・12日(日)
▲時間:11:00~19:00(11・12日両日共に)
▲開催場所:【大井競馬場】/東京都品川区勝島2-1-2
▲入場料:700円(小学生以下は無料)

(※会場へのアクセス情報等詳細はこちら公式ホームページ参照)

▲我々Drifter STOREが出店するブースのロケーションについてですが、入場口からは一番遠い”4号スタンド”という建物の中。この度蚤の市のオフィシャルサイトにてアクセスマップが開示されましたので、詳しくはこちらをご参照下さい。

※そしてその4号スタンド内にて我々がカテゴライズされる『リュックバザール』コーナーの中、最も奥まった場所にDrifter STOREのブースがあります!毎回お客様による争奪戦が繰り広げられている手紙社による大人気コンテンツ「豆皿市・手ぬぐい市」ブースの真ん前という好ロケーション。Drifterのブースに来る事でイベント全体を楽しめますので、是非ご家族やご友人と足を運んで下さいね!

★Drifterの出品アイテムを知りたい方はこちら→先週のDrifterブログを是非参照して下さい!

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================

※続きまして、お待ちかねの再入荷情報をお届けしていきます!今回は現在注目度、人気共にダントツの2019SS新作アイテム“DRAWSTRING POUCH”が早くも品薄からの再入荷です!その他人気のブラックカラーを中心に欠品していたパーマネントアイテムが待望の再入荷となっております。マークしていた方もそうでない方も要チェックですよ!

■前回よりは多めの入荷数量ではありますが、DRAWSTRING POUCHのLEOPARDカラーに関しては特に“超”がつく大人気アイテムですので、確実にGETしたい方はとにかく素早いアクセスをオススメ致します、是非お見逃しなく!!


■ DRAWSTRING POUCH■

▽サイズ:約W26×H22×D15cm(3.5L)
▽カラー:全6色

▽価格:¥3,500+tax

※何と言っても”旬”なアイテムと言えばコレ!特にレオパードの人気は凄まじく、公式オンラインストアのみならず「ZOZOTOWN」においても”再入荷→数時間で完売”を繰り返しています。


■ CLASSIC HIP SACK M■

▽サイズ:約W28×H13×D8㎝(3L)
▽カラー:フランネル、オリーブ、ダルメシアン
▽価格:¥4,500+tax

※今期もミニショルダーの勢いは衰えを知らず、これから気温の上昇と共にますますその需要に拍車がかかる事でしょう。人気のボディバッグのビビッドカラーが待望の再入荷です。希少です!


■ CLASSIC HIP SACK L■

▽サイズ:約W35×H15×D10㎝(5L)
▽カラー:ブラック
▽価格:¥5,500+tax

※WAIST PACKの影に隠れがちですが、実は着実に売れているベーシックアイテム。一番人気のブラックカラーはしばらく欠品が続いておりましたが、今回待望の再入荷!これからの季節の行楽や旅行等で活躍間違いナシです!


■ CLASSIC PACK■

▽サイズ:約W28×H43.5×D14.5cm(17L)
▽カラー:ブラック
▽価格:¥9,500+tax

※Drifterのバックパックの中でもトップクラスの人気と使い易さを誇る、シンプルで持つ人を選ばないクラシックパック。人気のブラックカラーがやっと再入荷です!


■ CLASSIC MESSENGER■

▽サイズ:約W30×H24×D18cm(8.5L)
▽カラー:ブラック

▽価格:¥8,000+tax

※クセの無いシンプルなメッセンジャーバッグですが、使う人を選ばずどんなコーデにもハマる万能バッグ。昨今はブラックカラーであればスーツスタイルに合わせても違和感ナシ!

=====================================

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

さて、今回ご紹介した商品以外にも根強い人気の”パラシュートシリーズ”から「PACK TOTE(2サイズ)」”KEY COIN POUCH(キーコインポーチ)””NECK POUCH(ネックポーチ)”と言った定番アイテムの再入荷もございます。どのアイテムも数量が限られていますので、どうぞお早目に!


★そして冒頭でもお伝えしました、開催がいよいよ今週末に迫った「第15回東京蚤の市」。私達Drifter STOREは一年ぶりの出店となり、久しぶりにお客様と直接触れ合える機会をスタッフ一同心待ちにしています。前回好評だった”ワッペンカスタムサービス”を始め、今回のイベント限定の”サンプル・B品一挙放出セール”やその他特価アイテムも目白押しです!また2019SS新作を手に取る事が出来る貴重なチャンス、これは見逃す手はありません。ご家族・お友達とお誘い合わせの上是非ご来場下さい!


再入荷・新作・カタログ・イベント等について詳しく知りたい方はお電話・メール等でお気軽にお問合せ下さい。

■問合せ先■
〇(株)リフト/TEL:03-6427-4360/Mail:info@drifter.co.jp

「第15回東京蚤の市」”リュックサックバザール” 出店のお知らせ

こんにちは!

今月前半まではまだ肌寒さが残る様な天候でしたが、全国的にもここ数日の間で一気に初夏の気候へと様変わり。日中は半袖で過ごしたくなる程の陽気ですね。昨日に至っては特に東京都心ではまるで梅雨の様な蒸し暑さに包まれ、想定以上の気温の高さと湿度に少し戸惑いすら感じてしまいました。しかし!待ちに待った大型連休はもう目と鼻の先。平成最後のお仕事をしっかりと片付け、新しい『怜和』の時代へと踏み出して行きましょう!

※そして今回のブログでは、既にDrifterアカウントのSNSで何度か告知をしてきました(株)手紙社主催の第15回東京蚤の市 -リュックバザール-』への出店のお知らせと共に、 一部ではありますがその魅力的なコンテンツをお届け致します!

▲もはや我々ドリフターも常連となりましたこのイベントでは、お客様と直接触れ合える&商品を実際触る事の出来る双方に取って貴重な機会です。またオンラインストアでは販売の無い“レア”な商品が目白押しとなっております。GW明けのタイミングではありますが、年齢・性別問わず楽しめきっと心に残る体験となる事と思いますのでご家族・お友達とお誘い合わせの上ご来場下さい!


■ イベント情報・会場案内 ■

▲日程:2019年5月11日(土)・12日(日)
▲時間:11:00~19:00(11・12日両日共に)
▲開催場所:【大井競馬場】/東京都品川区勝島2-1-2
▲入場料:700円(小学生以下は無料)

(※会場への交通情報等詳細はこちら公式ホームページ参照。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※会場は(株)手紙社のホームタウンとなる東京オーヴァル京王閣ではなく、都心部に位置する大井競馬場にて開催。初めて蚤の市に足を運ばれる方は過去の出店レポートを掲載したこちらのブログ記事(“第13回東京蚤の市”の後日レポート)をご覧頂くと、何となく雰囲気と概要を掴んで頂けると思います。私達も大井競馬場での参加は2回目です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲我々Drifter STOREが出店するブースのロケーションについてですが、入場口からは一番遠い”4号スタンド”という建物の中。最も奥まった場所ではありますが、毎回お客様による争奪戦が繰り広げられている手紙社による大人気コンテンツ「豆皿市・手ぬぐい市」ブースの真ん前という好ロケーション!


■ クレジットカード決済に対応 ■

※今回もクレジット決済に対応しております(スマートフォンに差し込んだ小型の端末にカードを差し込んで決済をする”スクエア”というサービスを導入)!レシートや領収書はお客様がご希望のメールアドレスにて送信可能です。是非積極的にご活用下さい。


■『Wappen Custom Service』
/ ビンテージワッペンカスタムイベント

※前回の蚤の市で大好評だったワッペンの取り付けサービスを今回も実施!アメリカのヴィンテージワッペンを販売※①するだけでなく、その場でご購入して頂いたバッグ(もしくはお手持ちのバッグ※②)に弊社から持ち込んだミシンを使ってそのワッペンを取り付けるサービスです。バッグとワッペン両方をご購入頂いたお客様については取り付け料金が無料!!ワッペンの数量に限りがありますので、是非やって欲しい!という方はお早めにご来店下さい!!※③

※①:ワッペン価格:一枚1000円で販売(単体でのご購入は制限有り→お一人様2枚まで)
※②: お持ち込み頂いたバッグの場合はワッペン料金1000円+取り付け料金500円(税抜)
※③: ご注文の内容によっては(その場での取り付けが難しい等)お預かりをして後日のお引渡し(弊社から発送)となります。
※④:その他注意事項がございます。ワッペン取り付けサービスをご希望の場合は同意書をお渡し致しますので、内容をご確認の上同意のサインをお願い致します。

▲また予めワッペンを取り付けた状態のバッグも数量限定で販売致します。全て1点のみの限定販売ですので早い者勝ち、なくなり次第終了です。

★世界に二つとない“ONE and ONLY”のDrifterアイテムを手にしてみませんか!?

※写真はあくまでイメージの為、当日販売の無い場合がございます。予めご了承下さい。詳細はスタッフまでお問い合わせ下さい。


■ “ERIE WORKS”■  

※前回の蚤の市で初めてお披露目、今年の1月にオフィシャルオンラインストアを立ち上げた国産オリジナルバッグブランド“ERIE WORKS”も販売決定!

▲レザーを使ったユニセックスなアクセサリ類のラインナップに加え、レディースユーザーを意識したバッグ等、より幅広い層にフィットする様な世界観・プロダクトを展開。

※全てのアイテムを弊社内のスタッフが1点1点ハンドメイドで生産をしております。その為販売数量に限りがございます、売り切れの場合はご容赦下さい。またご注文を承って後日生産~発送する事も可能です。詳しくはスタッフ迄お問い合わせ下さい。

※これからの季節にぴったりのビニール着せ替えトートバッグ!注目を浴びる事間違いナシです。


■ “Downhill Home Supply” ■

“毎日の暮らしに彩りを加え、日々の生活をより豊かに ”

そんな「自分達が欲しい」と思えるアイテムを中心に、 日本の生活様式に寄り添ったラインナップを お届けするホーム&サプライブランド。 アメリカのバッグブランド”Drifter”の日本総代理店であり、 デザイン・ブランディング等を手掛けるクリエイティブチームが 2018年に立ち上げたオリジナルブランド。

※カラーは現在カーキ1色ながら、画像のアイテム以外にはエプロンやマルチカバー、コットントートなどワーク感のある拘りの素材(リップストップコットン)を使用したアイテムをラインナップ。数量限定販売の為売り切れが予想されます。気になっている方は是非お早目に

※全てのアイテムを弊社内のスタッフが1点1点ハンドメイドで生産をしております。その為販売数量に限りがございます、売り切れの場合はご容赦下さい。またご注文を承って後日生産~発送する事も可能です。詳しくはスタッフ迄お問い合わせ下さい。


■ 2019SS新作も販売。
オフィシャル限定アイテムや掘り出し物も多数!■ 

※また、今回の蚤の市では今年の3月から発売している新作達も一部店頭に並びます。実際の商品を目にすることができる貴重な機会になりますので、こちらも要チェックです!もちろん蚤の市の真骨頂でもある、USAメイドのデッドストック品やアウトレット商材も多数ラインナップ!きっと素敵な掘り出し物に出会えるはずですよ♪

※全て販売数量に限りがございます。売り切れの場合は後日再入荷のお知らせ等をお送りする事も可能なので、お気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。

貴重なUSモデルのパラシュート生地のELEMENTARY TOTE!

※年々更なる進化を遂げその勢いが増す画期的なイベント”蚤の市”。沢山の個性的なお店に加え、お子様含め家族で楽しめるスタンプラリー・ワークショップ、音楽イベント等も充実していますので是非ご友人やご家族を連れて遊びに来て下さいね♪ まだ未経験の方も常連の皆様もどうぞご期待下さい!

また私達も現在最終の準備をしている所ですが、これまでDrifterをご存じなかった方にも今後ブランドのファンになって頂ける様な交流が出来ればと思っております。皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ちしております!

【DRAWSTRING POUCH】&【WAIST PACK-limited edition- 】/ 2019SS 新作レビュー #5

こんにちは。

最近は朝夕の寒暖差が大きく、相変わらず服装に気を使う日々が続いています。4月半ばながら先日は東北地方でなんと最高気温が25℃を観測しており、日中はTシャツスタイルで過ごしたくなる程の初夏の陽気となった模様です。背中が汗ばむ場面も出てくると思いますので、昨今のミニショルダーのムーブメントもますますヒートアップしてきそうですね♪

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================

※さて、今回のブログではそんなミニショルダームーブメント真っ盛りの中、その最右翼としていよいよ本日4月18日(木)に発売となりました“DRAWSTRING POUCH”を全力ピックアップ!超大型連休のGWを前に何とかお届けする事が出来ました。皆様大変長らくお待たせ致しました!

そしてさらに!今も尚そのムーブメントを牽引し続ける“WAIST PACK”からDrifter公式限定の“Limited Edition”が昨日4月17日(水)より満を待しての発売!!こちらも後半にご紹介させて頂きますので、是非とも5月からの新時代に向けて注目度抜群のグッドアイテムを使って見て下さい。どちらのアイテムも要チェックです♪


■ DRAWSTRING POUCH

DRAWSTRING POUCH

▽サイズ:約W26×H22×D15㎝(3.5L)
▽カラー:ブラック、アメジスト、ケリー、グレイ、タン、レオパード
▽価格:¥3,500+tax

※ボトムが円形の可愛らしい巾着型バッグ。メイン部分はドローコードで絞るタイプ、また2Way(手持ち・肩掛け)で使用可能。ショルダーストラップは取り外しが可能、メインのバッグに入れてポーチとしてもお使い頂けます。サコッシュやウエストポーチの様なアイテムと比べると個性的な表情なので、コーディネートにアクセントを加える事が出来ます。カラーバリエーションは6色、コンパクトなアイテムなのでビビッドな色に挑戦してもOK!

-カワイイ巾着型のコンパクト2WAYショルダー-

モデル身長:165cm

※巾着型の一見して目を引くコンパクトデザインながら、その構造はいたってシンプルなワンポケットの機能的な2WAYショルダーバッグ。とにかく形がカワイイんです♪

※コンパクトサイズながら携帯やお財布、お化粧ポーチ等の携帯必需品はすっぽりと収まる収納力はカバー。500mlのペットボトルも持ち運ぶ事が出来ます!

モデル身長:153cm

※メインはドローコードで口を絞るタイプですが、絞らなくてもオープンタイプのトートバッグとしてお使い頂けます。素材は軽量・高撥水のパッククロスナイロンなのでとても軽い!

※ショルダーストラップは着脱式可能なので、トートバッグやバッグインバッグとして使う際には外して見た目をスッキリさせる事も可能です。価格に対して非常にコストパフォーマンスに優れている仕様と言えますね!

– 使い手を選ばない万能型のミニショルダー –

モデル身長:153cm

※スタイリングは前掛け・後ろ掛けどちらでもOK ! 絶妙なバランスでコンパクトさを表現しているので、斜め掛けした際に厚みが気になるようなこともそれほどありません。

モデル身長:178cm

※そのカワイらしいフォルムから一見して女性っぽいイメージを持たれがちなこのアイテムですが、画像ように男性が使用しても全く問題なし。カラーも6色展開と豊富なので、色違いで2つ所有してファッションごとに合わせて遊ぶのもよし!

モデル身長:125cm

※そしてこのコンパクトサイズのおかげでキッズ用のショルダーバッグとしても抜群の相性を見せてくれます。お手頃価格なので、お子様様に持たせてもカワイイですし親子でシェアするのもオススメです♪


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■ WAIST PACK -Limited Edition-

WAIST PACK

▽サイズ:約W48×H13×D6㎝(3L)
▽カラー:ターコイズ × アメジスト × ミッドナイト、ミッドナイト × タン × ケリー
▽価格:¥6,000+tax

★程よいサイズ感と値段、そしてキャッチーな見た目で大人気のウエストパックがDrifter公式限定カラーとなって登場!基本の仕様・パターンや素材はそのままに、天面・フロント・サイドを3色の切り替えへと大胆にアレンジ。単調になりがちな春夏のコーデにアクセントとして最適、また完全数量限定生産の為周囲と差がつく事間違いナシ!

– 完全数量限定のレアアイテム –

モデル身長:178cm

※単色展開のみのレギュラーカラーから一気に3色遣いのクレイジーパターン。クラシックアウトドアの雰囲気を漂わせた配色がとにかく注目度抜群!

モデル身長:173cm

※スタイリングに関してはもはや説明不要、前掛け・後ろ掛けともに斜め掛けがベター。あえてのウエスト回しは上級者のテクニック。コディネートやシチュエーションに合わせてお好みで使い分けるのがオススメです♪

※完全数量限定ですので、完売で終了のレアカラーモデルとなります。是非このチャンスをお見逃しなく!また既に単色をお持ちの方でもシーンによって使い分けが出来るので買い足しもアリです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


★今回ご紹介した“DRAWSTRING POUCH”これまでに見たことが無いようなコンパクトでカワイイデザインが目を引くのですが、デイリーユースとしての機能性もシンプルで非常に使い勝手の良いバッグとなっています。GWの旅行等にサブバッグとして活躍できる上に、日頃から末長いお付き合いの出来るバッグでもあります。是非とも気になる方はお早めのチェックをオススメ致します!


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================


▲発売前から既にお問合せ・お取り置きが殺到している”Drawstring Pouch(ドローストリングポーチ)”、本日13時の時点で特に”TAN(タン)””LEOPARD(レオパード)”の在庫が少なくなっています。次回の入荷は既に決まっておりますが、恐らく5月中旬頃になってしまうのでGWに使いたい!という方はお早目にどうぞ!


★新作や再入荷時期・在庫に関するお問い合わせ、またお取り置き(予約)等も常時承っております。ご希望の際は下記宛先までお気軽にご連絡下さい!!!

■問合せ先■(営業時間/9:30~18:00/土日祝日を除く)
(株)リフト/TEL:03-6427-4360/Mail:info@drifter.co.jp

RESTOCK 2019 #3(ELEMENTARY TOTE & More ) / 再入荷のお知らせ

こんにちは。

開花の早かった今年の桜もあっという間に葉桜へと移りゆく様子。これもまた時の流れや刹那的な花の命の美しさを際立たせる、日本という国ならではの非常に趣深い情景です。皆様、今年の桜は堪能されましたでしょうか?先週末は大変気持ちの良い暖かい天候に見舞われ最高の花見日和だったことだと思います♪

ただ今週中頃には全国的に寒気の波が訪れ、上信越や東北地方では季節外れの雪が降る等まだまだ春夏のお洋服への切り替えは慎重に。特に入園式や入学式を終えたばかりの学生の皆様は、出足をくじかれない様にくれぐれも体調管理に気をつけて幸先の良いスタートにして下さいね!


▲さて早速ですが、まずはDrifter ONLINE STOREのGW休業期間のお知らせをさせて頂きます。今年のGWは平成と令和の新時代を股に掛けた超大型連休となります。誠に恐縮ではございますが、くれぐれも発送に関する日程をご確認の上ご注文頂きます様お願い申し上げます。

GW休業期間:4月27日(土)〜5月6日(月)

※休業期間中に頂きましたご注文につきましては受注処理が翌営業日以降となります為、商品のお届けまでに通常よりもお時間を頂きます事を予めご了承下さい。システム上お届け希望日は休業期間中も選択出来てしまいますが、実際にお届けする事は出来ませんのでご注意下さい。
※休業日前の4月26日(金)の正午以降に頂いたご注文につきましては、お支払方法に関わらず全て翌営業日(2019年5月7日火曜日)以降の手配となりますのでご注意下さい。皆様にはご不便・ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解賜ります様お願い申し上げます。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================

RESTOCK

※続きまして、今週のDrifterブログでは久しぶりの再入荷情報をお届けしていきます!新作ラッシュに明け暮れた3月より、密かにパーマネントアイテムの再販売を心待ちに期待して頂いていた皆様には大変ご不便をお掛け致しました。今回はまたしてもあの大人気アイテム『WAIST PACK』のブラックカラーが前回以上の数量で再入荷です!

■前回よりは多めの入荷数量ではありますが、WAIST PACKに関しては特に“超”がつく大人気アイテムですので、確実にGETしたい方はとにかく素早いアクセスをオススメ致します、是非お見逃しなく!!


■ ELEMENTARY TOTE■

モデル身長:165cm

▽サイズ:約W33.5×H33.5㎝(5L)
▽カラー:ブラック

▽価格:¥4,000+tax

※WAIST PACKに続くヒットアイテムの一番人気カラーがついに再入荷!今回も早々に売り切れ必至です!


■ WAIST PACK■

WAIST PACK
モデル身長:153cm

▽サイズ:約W42.5×H36×D10cm(15L)
▽カラー:アメジスト、ターコイズ、FLイエロー

▽価格:¥6,000+tax

※今期もミニショルダーの勢いは衰えを知りません。人気のボディバッグのビビッドカラーが待望の再入荷です。希少です!


■ CLASSIC HIP SACK M■

CLASSIC HIP SACK M
モデル身長:173cm

▽サイズ:約W28×H13×D8㎝(3L)
▽カラー:ブラック
▽価格:¥4,500+tax

※WAIST PACKの影に隠れがちですが、実は着実に売れているベーシックアイテム。一番人気のブラックカラーはしばらく欠品が続いておりましたが、今回待望の再入荷!これからの季節の行楽や旅行等で活躍間違いナシです!


■ CLASSIC PACK■

CLASSIC PACK
モデル身長:165cm

▽サイズ:約W28×H43.5×D14.5cm(17L)
▽カラー:ミッドナイト
▽価格:¥9,500+tax

※Drifterのバックパックの中でもトップクラスの人気と使い易さを誇る、シンプルで持つ人を選ばないクラシックパック。欠品していたネイビーカラーが再入荷です!


■ CLASSIC MESSENGER■

CLASSIC MESSENGER
モデル身長:173cm

▽サイズ:約W30×H24×D18cm(8.5L)
▽カラー:ネイビー

▽価格:¥8,000+tax

※実用性抜群のメッセンジャーバッグはコンスタントな人気を継続。通勤や通学用として活躍間違いナシです!


■ ARE WAY POUCH M■

ARE WAY POUCH
モデル身長:173cm

▽サイズ:約W22×H21×D15cm(7L)
▽カラー:ミッドナイト

▽価格:¥5,500+tax

※ネックストラップとしてだけでなく、サコッシュ的なショルダーとしての使う事が出来るユーティリティアイテムです。トラベル用として最適な相棒!

=====================================

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

さて、今回の再入荷アイテムも特に”ELEMENTARY TOTE”は在庫が薄めで短期間での完売が予想されています。次回以降の入荷の予定もございますが、早めにGETしたい人は迷っている間に完売・・・という可能性もあるのでご注意下さい!


再入荷・新作・カタログ等について詳しく知りたい方はお電話・メール等でお気軽にお問合せ下さい。

■問合せ先■
〇(株)リフト/TEL:03-6427-4360/Mail:info@drifter.co.jp

【FLY PACK】/ 2019SS 新作レビュー #5

こんにちは。

全国の中でもトップを切ってついに昨日、東京では4月を前にしての桜の満開が発表されましたね。今週末はきっと桜の名所が花見客で大賑わいとなる事でしょう♪日中は春らしい穏やかな天候の日が続いていますが、そこはやはりまだ3月。夜はひんやりとした空気に包まれていますので、アウターや羽織もの等の準備だけは忘れずにしっかりと防寒対策をして夜桜を楽しんで下さいね。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================

※さて、先月より続いておりますDrifterの新作ラッシュですが、引き続き今週も『2019 SPRING & SUMMER』のアイテムをピックアップして皆様に新着情報をお届け致します!

★今回の新作は先週のブログでお伝えした“PACK TOTE”と同じ超軽量パラシュート生地を採用した人気シリーズ“PARACHUTE LINE”より、待望のバックパック“FLY PACK”がリニューアル発売です!
発売日は明日3/29(金)、GWを前にした4月の小旅行や桜を愛でながらの散策でも活躍する事間違いなしの超軽量リュックを是非ご堪能下さい!


■ FLY PACK

▽サイズ:約W28×H43.5×D14.5㎝(17L)
▽カラー:ブラック、ネイビー、ブルー
▽価格:¥11,500+tax

※軽量で高強度なパラシュート生地を使用したバックパック。使わない時は内ポケットに収納可能なパッカブルタイプ。17リットルの容量を持つ形ながら、折り畳んだ際は約13㎝四方の大きさにまで小型化する事が可能。旅行等の際にメインバッグに忍ばせておけば現地で荷物が増えても心配がありません。Drifterのバッグの中でも特に軽量な素材を使用している為、長時間使用しても体への負担が少ないのも特徴。

-17Lサイズの超軽量パッカブルバックパック-

※素材には精密かつ高強度なRIP-STOP加工のパラシュート生地〈Exacta-Chute™〉を採用。本体重量260gの軽量性に加え、高い耐引裂き性能も持ち合わせているのでA4サイズのドキュメントやブック、重量感のある荷物だって難なく持ち運びが可能です(但し鋭利な物や過度な重さ等で負荷を掛け過ぎると破れてしまう可能性がございます)

※両サイドにはドローコード付きオープンポケット&ファスナーポケットを装備しているので、ペットボトルや落としたくない貴重品(小銭入れ・定期券入れやその他小物類等)を分けて収納する事が可能ですアシンメトリーの構造がさりげなくオシャレなんですよね♪

※また前モデルにはなかったショルダーハーネスに縫い付けられたウェビングテープのおかげで、オプションでチェストベルトを装備出来る様になりました(本アイテムには付属していません)。軽登山やハイキング、サイクリング等のアクティブシーンで利用する際に大変便利な仕様アップデートです!

※もちろん“PACK TOTE S/L”同様にパッカブル機能は健在。17リットルの容量を持ちながら付属の約15cm四方のインナーポケットに折り畳んで小型化する事が可能なので、旅先等でサブバックとしての利用もオススメ!また、災害時の緊急ポーターバッグとして場所を取らずに非常食や飲料水と一緒に常備しておくことも出来ます。

モデル身長:173cm

※生地が薄くシンプルなデザインなので、スタイリングはカジュアルからキレイ目~スポーティまで幅広いスタイリングをカバー。シャカシャカとした質感なので写真のようにクシャッとした感じで背負うのがGOOD ! そしてこれから少しずつ上昇してくる気温によって分厚い生地では感じてしまうストレスも少ないので、正に今からヘビロテ間違いナシのアイテムなのです。

※薄着になるこれからの季節はもちろんの事、逆に冬場はアウターの影響でただでさえ極力荷物は軽くしたい・・・そんなウィンターシーズンのデイリーユースにもオススメです。つまり1年を通して使える優秀なバッグという事なんです!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


★今回ご紹介した“FLY PACK”はDrifterの定番人気バックパックのCLASSIC PACK
(同じパターンで生産されているので) サイズ感と見た目が似ておりよく比較されるのですが、デイリーユースはもちろんの事高い軽量性と携帯性を最大限に活かす事が出来るトラベルユースも視野に入れている方には特にオススメしたいアイテムです。桜の咲く季節、美しい日本の四季を感じる散策や長期休暇の方も多いGWの旅行等のお供にいかがでしょうか?


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================

▲また今後の新作発売についてですが、4月中旬頃には既に多数のお問合せ・お取り置きを承っている今季最重要アイテムであり待望の新型”Drawstring Pouch(ドローストリングポーチ)”が登場予定!また同じタイミングでDrifter ONLINE STORE限定アイテムもお披露目予定。まだ詳細はお伝え出来ませんが、昨年から続く人気が衰える事知らずの大人気アイテム”WAIST PACK(ウエストパック)”のリミテッドカラーをリリース予定です!お楽しみに !!!


★新作や再入荷時期・在庫に関するお問い合わせ、またお取り置き(予約)等も常時承っております。ご希望の際は下記宛先までお気軽にご連絡下さい!!!

■問合せ先■(営業時間/9:30~18:00/土日祝日を除く)
(株)リフト/TEL:03-6427-4360/Mail:info@drifter.co.jp

【PACK TOTE S・PACK TOTE L】/ 2019SS 新作レビュー #4 & ”ELEMENTARY TOTE”の再入荷につきまして

こんにちは。

時折顔を覗かせる春めいた陽気が差し込む度に、桜の季節が待ち遠しくなる今日この頃。どうやら東京都心では既にほころび始めたソメイヨシノの蕾が開花を待ち望んでいるようです♪関東地方では今週末に開花の予報も出ており、桜並木をお気に入りのバッグを持って気持ち良く散歩出来る日も間もなく。3月後半もそんな桜が満開の賑やかなイメージを持って楽しく頑張っていきましょうね!

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================

※さて、今週も先週に引き続いてまだまだ続く今期のDrifter新作『2019 SPRING & SUMMER』のアイテムをご紹介!
本日3/20(水)に発売される第4弾は、Drifterのアイコンでもある超軽量なパラシュート生地を採用した人気シリーズ“PARACHUTE LINE”よりこちらの2型、“PACK TOTE S”“PACK TOTE L”がリニューアル発売!

★そしてカタログをご覧頂いたお客様より発売日に関するお問い合わせが非常に多い為、発売を今週末から急遽本日へと変更。注目度抜群のPACK TOTEを是非チェックして下さいね!


■ PACK TOTE S

▽サイズ:約W34.5×H27×D12cm(4.5L)
▽カラー:ブラック、ネイビー、ブルー
▽ 価格:¥4,500+tax

※軽量で高強度なパラシュート生地を使用したSサイズのトートバッグ。Drifterのバッグの中でも特に軽量な素材を使用している為、長時間使用しても体への負担が少ないのも特徴。

-パラシュート生地を採用した超軽量素材バッグ-

※素材には精密かつ高強度なRIP-STOP加工のパラシュート生地〈Exacta-Chute™〉を採用。軽量性に加え、高い耐引裂き性能も持ち合わせているのでガシガシお使い頂けます。

モデル身長:153cm

※小ぶりなトートで基本は手持ちスタイル。スタイリングはカジュアルからスポーティ、シンプルなデザインなのでキレイ目にハズしで合わせてもGOOD!

※バッグ自体がとにかく軽いので腕かけも楽々。インナーポケットに加え、外側にもジップポケットがあるので小物の収納に困りません。ちょっとのお出かけにベストな性能ですよ♪

-省スペース設計のパッカブル仕様-

※また使わない時は内ポケットに収納可能なパッカブルタイプなので、旅行等の際にメインバッグに忍ばせておけば、現地で荷物が増えても心配がありませんね ♪ 折り畳んだ際は約13㎝四方の大きさにまで小型化する事が可能、持ち運びにも場所を取らない優れモノです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■ PACK TOTE L

▽サイズ:約W48.5×H36×D14cm(10L)
▽カラー:ブラック、ネイビー、ブルー
▽価格:¥5,500+tax

-トラベル〜エコバッグとしても使える万能性-

※基本性能はそのままにS、サイズより容量が10Lへと大幅に拡張されたこちらのLサイズ。日用品レベルの荷物から一泊分の着替えやアメニティグッズ等も悠々と収納、タウンユースからトラベルバッグまで利用帯域はグッと広がりました。

※ゆったりとした持ち手の長さは冬場のヘヴィアウター着用の際の肩掛けにも対応しているのでさらに使い勝手が向上。もちろんSサイズ同様の超軽量素材に加え、同じくパッカブル機能も備えています。サブバッグとしての使い方も最適、車の中等に常備してお買い物袋としてエコバッグ的な使い方もオススメです!


★今回ご紹介した“PACK TOTE S&L”は、とにかく軽量性と携帯性に特化した優れた機能を持っているアイテムです。それでいて強度も十二分にあるので、毎日の使用環境にもしっかりと応えてくれます。「軽いバッグ」「折り畳めて持ち運べるバッグ」をお求めの方には特にオススメです、是非お試し下さい!


▲そして現在大人気につき欠品中の”ELEMENTARY TOTE(エレメンタリートート)”ですが、多数のご要望にお応えする形で現在追加生産中です。まだ確定ではありませんが、恐らく今月末には再入荷予定です!お待ちのお客様には大変お待たせして申し訳ありませんが、入荷迄今暫くお待ち下さい。また確実にGETしたい方は予約(お取り置き)も承っておりますので、お気軽にご連絡下さい。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================


★新作や再入荷時期・在庫に関するお問い合わせ、またお取り置き(予約)等も常時承っております。ご希望の際は下記宛先までお気軽にご連絡下さい!!!

■問合せ先■(営業時間/9:30~18:00/土日祝日を除く)
(株)リフト/TEL:03-6427-4360/Mail:info@drifter.co.jp

【RECTANGLE PACK・FLAP SACK】/ 2019SS 新作レビュー #3

こんにちは。

日毎に春の気配が立ち込めてきた2019年の3月は早くも中盤へ突入。暖かい天候が続くと思いきや、急に冬に逆戻りしたりとまだまだ防寒アイテムが手放せない日が続いています。そして3月のこの時期といえば・・・学生の方々にとっては卒業シーズンまっさかり! 区切りをつけて新たなステップへと進む為、新年度から新しい環境へ身を置く皆様は準備に忙しい事と思います。また社会人の方々は年度末の繁忙シーズンで日々ご苦労が多い事でしょうが、体調管理を万全に健康第一で春を迎えましょう!!!

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================

※さて、そんな新生活シーズンに向け私達Drifterより先週に引き続き今期のDrifter新作『2019 SPRING & SUMMER』のアイテムをご紹介!
明日3/15(金)に発売される第3弾は、通勤や通学用に特化した高機能バックパック“RECTANGLE PACK(レクタングルパック)”と、女性やお子様にフィットしやすい様に設計された“FLAP SACK”(フラップサック)久しぶりにバックパック(リュック)の新型がラインナップへと加わります。

★新年度から通勤や通学等に利用するバッグをお探しの方には特にオススメしたい自信作。是非チェックして下さい!


RECTANGLE PACK

モデル身長:170cm

▽サイズ:約W30×H42×D13cm(16.5L)
カラー:ブラック、グレー
価格:¥13,000+tax

※見た目はシンプルかつソリッドな印象の縦長タイプのバックパック(アイテム名の”レクタングル”=長方形という意味)。スマートな印象を与える斜めに付いたフロントのファスナーポケット、そしてペットボトルや水筒の収納に便利な深めのサイドオープンポケットは実用性抜群。従来のバックパックから機能的な部分をさらに進化させ、バッグを使用する様々な場面を想定してデザインしました。

-PC収納に特化したバックパック-

※先代モデルの“SQUARE BACK PACK”の機能的な部分をさらに追求。内部は前面側にメッシュポケット(小×2、大×1)を装備、電子機器の充電器やケーブル等の収納に役立ちます。背面側にはノートPCやタブレットを持ち歩く際に必須仕様である、クッションパッドが付属したPCスリーブとファスナーポケットを完備。

※スリーブ部分は側面がマジックテープ仕様の為、横からスライドしてPCを背面パッドに収納する事も可能です。これまでのスリーブは上面からしか出し入れが出来ませんでしたが、今回の仕様変更により更なる使い勝手の良さがプラス。

※この仕様アップデートのおかげで、バックパックを肩掛けしたままPCやタブレットを側面のサイドジッパー(イージーアクセスファスナー)から取り出す事が出来ます。一旦バッグを背中から下ろし上部からスリーブ内のタブレットやPCを取り出す・・・という煩わしい行程を省く事が実現出来ました!

モデル身長:172cm

※またチェストベルトも標準装備!さりげないポイントではありますが、バックパックの愛用者には嬉しいアップデートですね♪


★旧モデルのSQUARE BACK PACKよりディティールの改善がなされ、価格も据え置きではなく¥13,800→¥13,000(税抜)とコストダウンを実現しています。ビジネスユースも考慮し、正面のネーム(ロゴ)をハンドル部分に差し込みにする事によりクールな表情になった新型の“RECTANGLE PACK”。是非機能的なバックパックをお探しの方はお試しあれ!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

FLAP SACK

サイズ:約W25×H35×D12cm(10L)
カラー:ブラック、スレイトブルー、グレー
(※グレーのみ2019年4月以降発売)
価格:¥9,000+tax

※大き過ぎず小さ過ぎない、絶妙なサイズ感が特徴のかぶせ(フラップ)型のバックパック。機能面(実用性)と見た目のバランスを重視した、すんなりとコーディネートに取り入れる事が出来るモデルです。

-女性や子供でも扱い易い小ぶりなバックパック-



※フラップはプラスチックバックル形式なので、女性はもちろん子供でも片手で開閉が容易。またメインコンパートメントはドローコード式、荷物の量によって微調整が可能。小さめのバックパックながら、A4サイズのドキュメントがしっかり収納出来る点がポイントです。

※内部にはノートPCやタブレットを持ち歩く際に便利なクッションパッドが付属したPCスリーブとファスナーポケットを装備。そしてサイドには便利なイージーアクセスファスナーを取り付けてある為、フラップを開ける事無くバッグを持ったまま中身の出し入れが容易、やっぱり便利な機能です♪

-待望のミディアムサイズ for KIDS !!!-

モデル身長:110cm

※3Lサイズの“KIDS MINI BACK PACK”だと少し小さい・・・と言ったお客様からの要望に応え、小学校低学年程度のお子様が背負える待望のミディアムサイズのバックパックがついに登場!容量も申し分なく、背中への収まり具合もバッチリです。

※小学校低学年〜であれば問題なく大人まで背負える設計ですので、お母さんとお揃いやシェアしての使用もGOOD。

モデル身長:170cm

※もちろん成人男性でも小さめのバックパックとして背負う事が可能。ブラックをチョイスすれば様々なコーディネートに対応します。


★小さめのバックパックやお子様用のバッグをお探しの方に特にオススメのこちらの“FLAP SACK”。タウンユースとしても十二分な性能を兼ね揃えていますので、レクタングルパックと併せて是非お試し下さい!

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================


▲先週末の発売以降、予想以上の売れ行きにより欠品色も出始めている「ELEMENTARY TOTE(エレメンタリートート)」。こちらの再入荷ですが、4月中旬頃を予定しております。確実にGETしたい人は下記までご連絡の上”予約(お取り置き)”をお勧め致します!


★新作や再入荷時期・在庫に関するお問い合わせ、またお取り置き(予約)等も常時承っております。ご希望の際は下記宛先までお気軽にご連絡下さい!!!

■問合せ先■(営業時間/9:30~18:00/土日祝日を除く)
(株)リフト/TEL:03-6427-4360/Mail:info@drifter.co.jp

【ELEMENTARY TOTE】/ 2019SS 新作レビュー #2 & 2019SS NEW CATALOG !!!

こんにちは。

3月に暦が変わって以降、日中は少し肌寒さは残るものの穏やかな陽気といってもいい天候が続いています。しかしながらこの季節になると同時に春の風に乗って花粉が飛び交うようになり、花粉症の方にとっては悩ましくもあるシーズンですよね。それでもやっぱり暖かくなると足取り軽く何処かへ出かけたくなりませんか?そんな日はお気に入りのバッグを一つ携えて遊歩してみて下さいね、きっともっと気分が晴れて来ると思いますよ♪

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================

※さて早速ですが、今回も先週に引き続き今期のDrifter新作『2019 SPRING & SUMMER』のアイテムをご紹介。本日3/8(金)に発売される第2弾アイテムは、今一番ホットでクールな2Wayトートバッグ“ELEMENTARY TOTE(エレメンタリートート)”!!

→兼ねてよりその使い勝手の良さと無駄のないミニマルなデザインが大好評で、この度晴れてリニューアルされラインナップに戻って参りました。大人気のWAIST PACK(ウエストパック)同様、某大手セレクトショップ様でのお取扱いにより既に多くのお問合せを頂いているこちらのアイテム。早い段階での完売が予想されますので、いち早くGETしたい方はすぐにアクセス !!!


ELEMENTARY TOTE

▽サイズ:約W29×H20㎝
▽ カラー:ブラック、スレイトブルー、タン、ダックハンターカモ
▽生産国:ベトナム
▽ 価格:¥4,000+tax

★マチの無い作りでトート・ショルダーの2Wayで使える、シンプルなトート&ショルダーバッグ。肌触りの良いパッククロスナイロンを使用、内側には嬉しいファスナーポケットを装備。また天面はスナップボタン留めで簡単に中身へのアクセスが可能、防犯対策も問題無し。

モデル身長:178cm

※A4サイズのドキュメントがすっぽり収まる設計は、手持ちのハンドトートしてはベストなサイズ感。持ち手の長いトートバッグは底が地面に擦ってしまう事もありますが、こちらのバッグはその様な心配もありません。またショルダーストラップが気になる人は中に入れてしまえばスッキリ!

モデル身長:165cm

※軽量なパッククロスナイロン素材ですので、腕かけをした女性らしい持ち方も自重が無い分楽々と持ちやすいのです♪

※肩掛けをしたい場合はショルダーストラップをオンにすればOK ! 使わない時は手持ちの画のようにバッグインするだけなので、見た目を損う事もありません。

モデル身長:172cm

※もちろん斜めがけもOK、マチがないのでショルダーバッグとしてもグッドフィーリング!このスタイリングの手軽さが人気の秘訣、ファッションアイコンとしても存分に楽しめて本当に使い勝手の良い優れたアイテムです!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★続いては2019SSカタログ完成のご報告 !


★続きまして、以前より製作の進捗についてご報告をしていた『2019 SPRING & SUMMER』のカタログがついに完成致しました!せっかくの機会なので、今回は少しばかりご紹介をさせて頂きます。前回のカタログからのカラフルなイメージを踏襲しつつも、あえてのモノトーン調の着用モデル達が魅力的なアイテム群をさらにクールに引き立ててくれています。

※情報が公開されるや否や、早くもインスタグラマーやファッショニスタの間でかなり注目を集めているバッグ“DRAWSTRING POUCH”、発売は4月中旬~下旬頃を予定しています!また既に何件かお問合せやお取り置きを承っています。確実にGETしたい方は弊社までご連絡下さい! 

※Drifterの最も得意とする、非常に軽く扱いやすいパラシュートライン。こちらも今シーズンついにリニューアルされ、新作としてラインナップに加わります ♪ こちらのカタログは今後商品をお買い上げのお客様に配布されていきます。オンラインサイトにてWEB上でも閲覧可能ですので、是非チェックして下さい!

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

=====================================


★今回ご紹介したELEMENTARY TOTE(エレメンタリートート)は、既に発売前から多数お問い合わせを頂いており、前述した通り早い段階での完売も予想されます。新作や再入荷時期・在庫に関するお問い合わせ、またお取り置き(予約)等も常時承っております。ご希望の際は下記宛先までお気軽にご連絡下さい!!!

■問合せ先■(営業時間/9:30~18:00/土日祝日を除く)
(株)リフト/TEL:03-6427-4360/Mail:info@drifter.co.jp